読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビルドツール capistrano メモ

other

capistrano

デプロイツールのメモ。

基本的なことはこのあたりから。

AWS上でのWebアプリケーションデプロイ
Capistranoを使ったデプロイ | アライドアーキテクツ エンジニアブログ

■ローカルのgit を使う

cohakim's blog » capistrano でローカルリポジトリからデプロイする

単純に :repository にローカルのディレクトリのパスを指定してやったらいいだけでした。

set :scm, :git
set :branch,      "develop"
set :repository,  "/Users/cohakim/Public/Dropbox/projects/Rails/FanArts"
set :deploy_via,  :copy
set :deploy_to,   "/var/www/app/fanarts/"

SSHのパスワード

capistrano - 知識の屋-CLLDCOOL

11 set :application, "project" # <- アプリ名。
12 set :user, "ccc" # deploy 先のアカウント名 (sudo 権限を与えておいてください)
13 set :password, "dummypass" # deploy 先のパスワード (sudo に使います)
14 set :use_sudo, true
15 set :ssh_options, :port=>22, :forward_agent=>false, :keys=>"C:/id_rsa", :passphrase => "HiMiTsu"

■SCMのログイン

リンギオ - Capistrano で リポジトリのパスワードを動的入力にする

set :scm, :subversion
set :scm_username, "foo"
set :scm_password, "bar"
set :repository, "https://example.com/svn/app/trunk/"

■deploy.rb の設定例

cat config/deploy.rb

set :application, "myapplication"

# デプロイ先はパスワードで SSH ログイン
set :user, "hoge"
set :password, "fuga"
set :ssh_options, :port=>22, :forward_agent=>false
set :use_sudo, false

# git はローカルのみでリモート共有リポジトリなし
#subverion, git, mercurial, cvs, bzrなど
set :scm, :git
#gitリポジトリ
set :repository,  "/Users/user/IdeaProjects/myapplication"
#gitブランチ名
set :branch, :master
# どういう方式でデプロイするか
# copy デプロイ元でソースを最新化してからデプロイ先にコピー
# checkout デプロイ先に接続した後、scmに応じたcheckoutコマンドを実行する
set :deploy_via, :copy
# deploy先ディレクトリ
set :deploy_to,    "/home/hoge/test"

role :web, "192.168.0.1"                          # Your HTTP server, Apache/etc
#role :app, "your app-server here"                          # This may be the same as your `Web` server
#role :db,  "your primary db-server here", :primary => true # This is where Rails migrations will run
#role :db,  "your slave db-server here"

task :list do
    run "ls"
end